のーねーむのお部屋

作ったもののお話とかライブレポートをする場所です。

片平里菜 2マン"LOVE"ツアー with チャラン・ポ・ランタン に行った話。

片平里菜って同年代のアーティストがいるらしい。

 

なんてことを誰かに教えてもらってたら「ふーん」で済んでいたかもしれない。

 

僕の片平里菜との出会いは2015年末、大阪でのフェスの、スカパラのステージだった。

あの時確か突然出てきた彼女が「嘘をつく唇」を歌い大喝采だったのだが、今思うとあんな豪華なステージは二度と見れないかもしれない。

 

その時の歌声で興味を持った。

 

その後、ちょうど2ndアルバムのトレーラーでcinema staffと関わっていたので興味を持って聴くようになった。

明るい曲、しっとりした曲、切ない曲、割と幅が広いシンガーだが、どれも歌の表情がとてもしっかりしていて惹かれた。

 

ということで最近ふと思い出してスケジュールを見たらちょうど渋谷でライブ!しかも同じフェスで楽しかったチャラン・ポ・ランタンと2マン!ということでさくっと足を運んだ。

こういう時に行動力がある自分に感謝。

 

 

渋谷のクアトロ自体も初めてだけど、なんとなくおしゃれな箱でした。

 

先手はチャラン・ポ・ランタン

 

逃げ恥のOP以外にも楽しい曲がいっぱいあるのは知ってたけど、今回は本当にエンターテイナーだったなあ。

「テイラーになれなくて」

「サイテーな女」

「雄叫び」

「かなしみ」

と耳にのこる曲ばかり、今日はアコーディオンと歌の2人だけの編成で演奏。

 

ボーカルのももちゃんは優しい声、可愛い声、力強い声と歌い分けがすごい。

上手いなあ・・・と聴き入る。

 

 

そしてホストの片平里菜

バンド編成で「BAD GIRL」。ギターかっこいい。

そしてカバーで「進め、たまに逃げても」を!そういうカバーもありかと楽しくなる。

そこからしっとり系の曲を挟んで、「女の子は泣かない」で盛り上げたり。

「Love takes time 」はとても良かったなあ。みんなで歌ったり。

とにかく彼女の歌声には表情がしっかり乗っていて、声がすごく心に入り込んでくるなという感想です。

「なまえ」を最後に歌ったとき、思わず泣いてしまいそうになったのは、歌の力だと僕は思います。

 

アンコールは何を歌うか全く決めずに出てきて、「最高の仕打ち」を、マイク、ラインギターを切った完全な生音で。

途中から皆で歌ったり。

2曲目はチャラン・ポ・ランタンの2人を迎えて、共作の「夢ばっかり」。

男には耳が痛い歌詞。

二人のハーモニーはとても綺麗でした。

 

最後はLOVEツアーのテーマ?ソング、The Beatlesの「All You Need is Live」で。

生きていたらまた会うかもね、なんて言われたらまた来たくなってしまう。

 

夏を彩る素敵な平日になりました。

明日もがんばろう。