八河のなめの部屋

主にライブレポートをする場所です。

新曲「ひとりでよるをすごす」のお話。

こんばんは。昨日ブログを書こうとしてたんですが、アイドルのライブに感銘を受けていたらすっかりメモしたままでした。
そもそもお仕事はそんなに忙しくないし、もっと曲を書けって話なのですが、どうにも作り始めて1日して納得いかなくなるケースが多くて進みません。
いいメロディだけは、理屈ではなかなか生み出せませんね。

さて先週の土日は映像上映イベントFRENZ 2017に遊びに行っていました。

長年開催されているイベントなのですが、僕が知ったのは5年ほど前。

ここ2年は移住したこともあり、現地に足を運んでいます。


今回はついに仲良しの黒井心くんの映像出展に曲を提供しました。というかほぼ共作みたいな感じです。
このブログまで来た方は見てると思うんですが、まずはご覧ください。


上がYouTube、下がニコニコ動画です。

 

 

ここからセルフライナーノーツです。

そもそも僕は暗い曲を書くのはあまり得意ではないです。
サウンドは暗くすることができても、歌詞を思いつきません。
ですので、黒井くんの要望もあって、今回は"幸せ"をテーマにしました。

 

この曲はジャンルとしてはメロディのないポエトリーリーディングというものになります。

詩を、比較的ミニマル気味なビートに乗せたり、ゴリゴリのロックに魂の叫びを乗せてるものもあります。

今回朗読していただいたやみこさんには、初対面ながら僕の恥ずかしいポエムを読ませてしまって少し申し訳なかったりします。

でも素敵な声でとってもいい作品に仕上がったので感謝しています。

 

ポエムの話をすると、キーワードの「なんだかいいね」は僕の大好きな安藤裕子さんの「愛の季節」から拝借してます。分かる人にわかる形で好きな作品をオマージュするのが好きです。この曲に限らず彼女の音楽には大きく影響を受けていると思います。コード進行とかそういう面です。

コード進行というと、基本的なところは

DM7-Am7-GM7-Fm6 Aadd9/E

という進行です。

 

やあやあ我こそはメジャーセブンス大好き侍~~~!

 

 

映像面のメイキングとかは僕からは特にないんですが、おしゃれなカフェに入ったらコーヒーしかなかったので、黒井くんがミルクティーに変換しました。

マグカップなのはそのためです。

コーヒーは美味しかった。

確か店名出てるので気になったら足を運んでみてください。

 

そういえば黒井くんに知り合って6年くらいでやっと共作したね!って言われました。

たしかにちょこまかと手伝い合っていたけど作品として世に出たのはこれが最初かもしれない。

また作りたいですね。

 

おわり

 

P.S. Cubaseアップデートしたらこの曲に使ってたフリーのエレピとオルガンとドラムトラック一部が32bitだったがために死亡したのでもし音源として出すなら良い音源に差し替えておきます。